【レインボー池田直人】子役時代は石博士キャラ!出演番組は?クセスゴ子役は誰?

こんにちは。

お笑いコンビ「レインボー」は男性コンビで、コントをする際には主に池田直人さんが女装をするのですがそれが「かわいい」と人気です。

女装するうちにメイクにハマっていったという池田さんは、自身のYoutubeでメイク動画を上げたり芸人仲間にメイクをしたりしています。

そんな女装がかわいいと人気の池田さんですが、過去について調べると子役をしていたという情報がありました!

今回はレインボー池田直人さんの子役時代の情報について調べました。

また、最近クセスゴで披露したコント内に登場したレインボーのふたりの幼少期を演じた子役が「似てる」と話題で、そちらについてもまとめました。

レインボー・池田直人には子役時代があった!

本人からの情報によるとレインボー・池田さんは5歳から17歳まで子役をしていたそうです。

しかも今の姿からは想像できないぽっちゃり体型だったそうで、バラエティー担当だったと自身で語っています。

池田さんは子役として活動しながらも、母親がバラエティー番組が大好きで自分は将来お笑い芸人になるものだと思っていたのだとか。

また小学校高学年のときに周りと自分を比べ、俳優への壁を感じたとも語っています。
【レインボー池田直人】子役時代は石博士キャラ!出演番組は?クセスゴ子役は誰?

レインボー・池田の子役時代のキャラは「石博士」だったらしい!?

子役時代にあまり売れていなかったという池田さんは、当時のマネージャーに「キャラがない」と言われ勝手にキャラをつけられたそうです。

そのキャラは「石博士」。

「池田君は石が好きなんじゃないかな?」と言われ池田さんは「好きじゃない」と答えるも「いや、好きだよ。君は石博士だよ」と、洗脳のようにキャラをつけられたそうです。

その後「将来どういう家に住みたいか」という質問に、大人を喜ばせるために2LDKを石で埋め尽くした間取りを描いていたりしたそうです。

レインボー・池田の子役時代の出演番組は?

池田さんはNHK「天才てれびくん」に出演することを目指していましたが、結局出られなかったそうです。

子ども番組の料理コーナー、ムシキングのCMに出ていたと本人からの情報がありますが詳細な番組名などは分かりませんでした。

今では言うことのできない番組のひな壇に座っていたと発言もありましたが、具体的には分かっていません。

また子役として出演していたときの画像や映像もありません。

代わりに、子役として活躍していたであろう年齢の昔の池田さんの写真を少し紹介します。

【レインボー池田直人】子役時代は石博士キャラ!出演番組は?クセスゴ子役は誰?

レインボー・池田が子役からお笑い芸人になった経緯は?過去に霜降り粗品と関係が!?

高校2年生のときに友達から「ハイスクール漫才に出場しないか」と誘われ、組んだコンビはどんどん勝ち進み近畿地区の代表にまでなったそうです。

そこで運命的な出会いがあるのですが、現在の霜降り明星(粗品さん、せいやさん)が別々で組んでいたコンビも当時出場していて戦ったこともあるのだとか。

粗品さんはそのころからその界隈では有名だったそうです。

池田さんと粗品さんは話したり、お互いが大会で賞をとったりすると「おめでとう」「面白かった」と言い合う仲でした。

粗品さんに電話して「一緒に漫才やりたいです」と言い「コンビ名はいけささたんぼでどう?」と返ってきたとのことですが、結局ふたりがコンビとして舞台に立つことはありませんでした。

その後霜降り明星として粗品さんとせいやさんがコンビを組み活躍していく中の、池田さんはその当時のことを振り返り「粗品さんの背中がどんどん見えなくなっていった」と語っています。

このころから池田さんは粗品さんのことを尊敬していてその気持ちは今でも変わっていないそうです。

ちなみに池田さんはお笑いに関してとても優秀でNSCでは主席を取るほどで、おばたのお兄さんと「ひので」というコンビを約2年組んでいたこともあります。

クセスゴで披露!レインボーのコント「ひやまとみゆき」の子役が話題に

レインボーは千鳥のクセがスゴいネタGP(クセスゴ)に度々出演しており、連続ドラマのように毎週物語が進んでいくコントを披露しています。

そのコントの名前は「ひやまとみゆき」でジャンボさん扮するひやまという男性と、池田さん扮するみゆきという女性のラブストーリーとなっています。

【レインボー池田直人】子役時代は石博士キャラ!出演番組は?クセスゴ子役は誰?

このふたりを数々の試練が待ち構えているのですが、この日の放送ではひやまとみゆきが子供の頃の実は会っていた!?という内容で子役が登場しました。

ふたりの子供時代を演じる子役が登場したのはこの回が初めてで、これを観た視聴者からは「子役がひやまとみゆきに似てる!」と話題になりました。

特にひやまを演じている子役の男の子が見た目もそっくり、演技もそっくりだったと視聴者を驚かせました。

ひやまはみゆきをカメラで撮るときに思わず見惚れてカメラを除けて裸眼で見るというテッパンの流れがあります。

そのときのひやまの目や表情もひやまそのものでした。

レインボー・池田さんはこのことに対してTwitterで「子役ひやまに演出するジャンボ」と、ジャンボさんが子役に熱血指導する様子が投稿されました。

https://twitter.com/kusesugogp/status/1496808796928106500

みゆきの子供時代を演じたのは溝口咲來(みぞぐちさくら)ちゃんです。

ひやま役の子は特定することができませんでした。

2018年のタモリ倶楽部番組内の空耳アワーで、再現VTRで出演していた子と同じ子ではないかと言われています。

【レインボー池田直人】子役時代は石博士キャラ!出演番組は?クセスゴ子役は誰?

まとめ

レインボー・池田さんが過去に子役をやっていたということは分かりましたが、そのときの画像は見つけることができませんでした。

子役からお笑い芸人へどうやって転身したのかを知ることができ、霜降り明星粗品さんとの意外な関係も分かりました。

【レインボー池田直人】子役時代は石博士キャラ!出演番組は?クセスゴ子役は誰?

  • レインボー・池田は5歳から17歳まで子役をしており、マネージャーからつけられたキャラは石博士
  • 天才てれびくんに出たかったがそれは叶わず、子ども番組の料理コーナーやムシキングのCMに出演していた
  • 霜降り明星粗品さんとは昔からの知り合いでコンビも組みかけたが、今は尊敬する先輩
  • クセスゴのひやまとみゆきの子供時代の回想シーンを演じた子役が天才

ひやまとみゆきはシリーズものなのでいつも続きが気になっています。

ほかのコントもトレンディドラマを彷彿とさせるような、なんだか懐かしいけどクサすぎて笑ってしまうという魅力をもっているレインボーのコントがクセになります!

【レインボー池田直人】子役時代は石博士キャラ!出演番組は?クセスゴ子役は誰?
最新情報をチェックしよう!